ホンダCB250エキスポート!!

ロックしようぜ!!!Do the ROCK!! ホンダCB250エキスポートブログ!!

カテゴリ: 自転車

サイクリング

今日の成果。

走行距離:45.08km

走行時間:2:21

平均時速:19.16

今日はよく走った。
お休みに入ったので自転車通勤をシミュレーション。
片道20キロちょい。
行きはよいよい帰りは怖い。
最後はおしりが痛くてたまらなかった。
でも行けることはわかったので季節が良いときには月に1,2回くらい行ってみようかな。

最近買ったものシリーズ

infini 自転車ライト



充電式のライト。
ブラケット付きで取り外し簡単。小さいからどこかに停めたときには外してポケットに入れても邪魔になりませんよ。
けっこう明るいし3段階の照度調節と点滅モード。
充電式で電池交換不要なので経済的。しかもコネクターはアンドロイドスマホなどと同じマイクロUSB。
仕事場でも充電できちゃうのが嬉しい。
おひとついかが?



 

d17c86bb.jpg


今日の成果。
走行距離:25.24km
走行時間:1:21
平均時速:18.64
今日のサイクリングはきつかった。
距離的には片道10キロ程度でそれほど距離はないのだが、目黒駅手前の坂にやられてしまった。
メチャクチャきつい。
こんなことでは自転車通勤など到底無理!!な結果でした。
東京タワーをぐるっと回ってへとへとになりながら帰りました。


テールライト
最近買ったもの。
自転車用テールライト。
車に乗っていると夜間自転車の存在に気づけないことがありひやりとしたことがある。
ぶつけられたりしたらたまった物ではないので自己防衛としてこんな物を買ってみた。

数あるテールライトのなかからこれを選んだのは5灯LEDで明るいのもさることながら、自動点灯というのが魅力的。
スイッチの切り忘れや付け忘れがなくなる。消し忘れすれば電池がすぐになくなるだろうし、点け忘れれば買った意味もない。
自動点灯は暗くなったのを感知して、そのときに振動があれば点灯するという仕組み。
スイッチ入れっぱなしでも動いていなければ点かないし、万が一誰かが触ったり倒れても自動消灯するから安心。
これはお勧めです。
お子さんの自転車にも付けた方が良いのでは??


 

最近買った自転車周辺パーツ。
サイクルコンピュータ
サイクルコンピューター
スポークに取り付けたマグネットがフレームに取り付けたセンサーを通過する時に、予め入力したタイヤ外径を計算して、スピードや距離を計算してくれる超便利グッズ。



価格も安いし取り付けも簡単。
サイクリングにはもちろん、自転車通勤している人も付けたら面白いのでは?
積算距離やトリップメーター、簡易的消費カロリーも見ることができるのでダイエットの励みにもなりますね。
モニターはコンパクトで取り外し簡単なので駐輪中に不安なら外してポケットに入れておけば安心。
実はこのメーター、通勤バイクに取り付けてトリップメーター代わりにして重宝しています。
旧車に取り付ける際は雰囲気崩さないように目立たない所に取り付けすることをお勧めします。スピード測定は案外正確です。



 

先日TREKのタイヤ交換をしたので、週末だけだけど朝20キロほど走っている。
タイヤを替えた効果は抜群で気持ちよく走れる。
すいすいと走っていく。



季候も良くなりサイクリング日和なのに週末も出勤だったり二日酔いだったりすると何となく物足りない。
そしていろいろ調べているとフロントサスは街乗りに向かないらしいので、クロスバイクという物が欲しくなってしまった。

ちょっとお腹が気になるからこの趣味も続けると良いことあるかも。

 

パナレーサー 26x1.5
チャリンコ(TREK)のタイヤを替えた。
ついこの間換えたばかりなんだけど、スリックタイヤに変更。
街乗りでしか使わないからダートや砂利なんて皆無。
少しでも抵抗を減らすためリム幅に対して一番細いであろう26x1.5を選択。
26x1.95から1.5になると見た目かなり細い。
これは期待できる。
今回選んだのは
パナレーサーハイロード。レビューも悪くなく、なんと言っても価格が安い!

1本1500円程度とリーズナブル。
もちろんチューブも交換です。
Panaracer(パナレーサー) サイクルチューブ [H/E 26x1.50] 米式バルブ 0TH26-15A-NP
交換は簡単!フロントはあっという間に完了。
と、思いきやリアがどうしても噛み込んでしまう。
パッチを10箇所以上貼ったかもしれない。寒いし折れたね。心が。

何とか組み上げた。
今回はもう一台からブレーキを移植したのでセットアップをしたいけど外は雨。
午後に晴れたら通勤バイクのオイル交換と、自転車をメンテナンスをしたいなぁ。





 

↑このページのトップヘ