ホンダCB250エキスポート!!

ロックしようぜ!!!Do the ROCK!! ホンダCB250エキスポートブログ!!

カテゴリ: 熱帯魚

6e3649ab.jpg

最近水槽の手入れを怠けていたら、ちょっとたったら苔だらけになってしまった。
毛足の長い絨毯のような苔。一見きれいでもあったが他の水草に絡んでとれないからトリミング等しなければならない。
で、掃除を仕様とマグネットで水槽の中と外で挟んで掃除するやつ(こんなの)でごしごしやったけどうまくとれない。
スクレーパー状の掃除道具じゃないと無理だ。あー、めんどくさい。前面だけで終わらせた。

苔が発生する要因というのも調べてみた。
どうやら水槽内の水質のバランスが崩れていると発生しやすいらしい。
確かに水替えをあまりしていなかった。
掃除用のシュポシュポで1/3くらい吸い出す。
この道具は底砂も一緒に吸い上げる軽いゴミだけ排出できる。ソイルなどは通らないけど詰まってしまうので加減が必要。

エビを増やしたいんだけどエンゼルフィッシュが補食してしまうので、エンゼルが☆になるまでは無理。
エンゼルフィッシュって五年から八年くらい生きるんだって。
こんなにどう猛だとは思っていなかったからいろんな意味で困ったやつだ。

今後はこんな風にしたい。
水草の絨毯というか草原というかそんなやつだ。









グロッソスティグマって言うらしい。
ネオンテトラとか小さい魚を入れたい。
小さいエビも。
すべてエンゼルフィッシュが☆になった後の話。



 

20130504_246256


この間のリセットから水草が茂り、苔むしてしまった水槽。
とりあえずぼうぼうになったウィローモスをカット。
活着したアヌビアス・ナナが盛大に育ったので株分けして砂に植えてみた。

今いる魚は
エンゼル・フィッシュ ←こいつは気性が荒く、他の小さい魚を食べちゃうので注意が必要。
クラウン・ローチ 群れて泳いでいる姿が可愛い。底砂を掃除するように食べるのにお掃除魚として有名。大きくなるらしい。
コリドラス・パンダ こちらもお掃除魚。白と黒のツートンがパンダっぽいからこの名前。
オトシンクルス こちらは苔を食べてくれるお魚。いっぱい食べて欲しい。
ミナミヌマエビ・石巻貝 苔対策として投入。基本的にエビが好き。

あと水草も追加
ショートヘアーグラス これで水草の草原を作る。

これって本気で熱帯魚やっている人からしたらなんじゃこりゃーって感じなのかもしれないが、
いいの、いいの。誰かに見せたいわけじゃないし。
みんな元気でいてね~。

20120918_2997376


流木や水草を除去してみた。

とにかくひどい。

ソイルは泥になり、ガラスは汚れている。

一気に洗浄してやらないと魚もかわいそう。

こんな状態でも魚が元気なのは、個体数が少ないのとそれなりにバランスが取れているのか?

届いた底砂『リアル ブラック』をバケツで洗っているけどなかなか汚れが取れない。

5キロを買ったけどなんか少ない気がする。大丈夫だろうか?

JUGEMテーマ:熱帯魚
ウチの水槽にソイルを敷いてどれくらいたっただろう?
このソイルという底砂は結構万能なタイプで初心者向けであるらしいのだが、
いかんせんいずれ崩れて泥化してしまう。
いままさにその状態。
ちょっと底をなでただけで泥が舞い上がり、水草も泥だらけ。

そこで底砂の入れ替えをすることにした。
今回買ったのはこれ。







値段も安かったし水質に影響しないらしい。
黒の砂は見た目も締まって良いと思ったから。

このお店はあす楽対応らしく夕方までに頼むと翌日届くと言うのがよい。
頼んだら早く欲しいもんね。

さてリセットという作業になるわけだが一体どうなる事やら。
うちには水槽が一個しかないから魚を一時的にバケツかなにかに移動して、ソッコー水槽類を綺麗にして砂を敷いて、水を入れて、、、となる。
しかしこの行程では水あわせができないね。
水は使い回ししたら良いのだろうか?
うーん困った。

ビーシュリンプ


熱帯魚はとても元気で元気に泳ぎまわっている。
中でもビーシュリンプが元気で順調に増えている。
はじめ3匹が今は確実に10匹を越えている。
真夏の熱対策としてクーラー(魚用扇風機)を導入したのが功をそうしたようだ。

↑このページのトップヘ