ホンダCB250エキスポート!!

ロックしようぜ!!!Do the ROCK!! ホンダCB250エキスポートブログ!!





こんなバッテリーを買ってみた。
Anker PowerCore10400
アマゾンで大人気だったしセールになっていたので・・・・。
フルスピード充電技術:Anker独自技術PowerIQとVoltageBoostにより、超高速充電を実現。最大3Aのフルスピード充電を可能にします(各ポート毎に最大2.4A)。  
という説明文だったけどよくわからない。
実際充電してみたら、は、早い。
普段のアダプター+ケーブルの性能が低いのかもしれないけど、明らかに違う。
次回は今使っているケーブルで試してみようっと。
これは良い買い物をした予感。
バッテリーへの充電はマイクロUSBなのでアンドロイドスマホならケーブル一本で済むのも嬉しい。
(iPhoneは充電の規格が違うのでマイクロUSBとライトニングケーブルの二本が必要。下記のリンクからライトニングケーブルが割引で買えるようです。)
10400mAhと重さの割に容量が多いのでツーリングやキャンプや散歩などの電源の確保が難しいときに重宝する。
この価格ならもう一つ買っても良いかな。もし緊急事態でしばらく電気が供給されないようなときにも携帯の充電ができるとかなり安心だし。
ブラックが今セール中ですよ!(11/3現在)

 

Anker PowerCore 10400 (10400mAh 2ポート 大容量 モバイルバッテリー) iPhone / iPad / Xperia / Galaxy / Android各種他対応 マット仕上げ コンパクトサイズ トラベルポーチ付属【PowerIQ & VoltageBoost搭載】 (ブラック)



  にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ






先週のCB250ミーティングに参加された皆様お疲れ様でした。念願のハイナさんにもいけたので良かったです。

前日の天気予報の影響で人数は多いけどCBは3台という状況で、更に私のCBも急いで取り付けたポイントレスと、メンテナンス不足が原因で調子を崩し、道案内をしてくれたてぃーやまさんにも迷惑を掛けてしまい申し訳なかったです。

そんな状態で1週間を過ごしようやく来ました週末。
きょうは家族がお出かけなのでまるっと時間があります。
まずは左のポイントケースのオイル漏れ修理。 ケースとシリンダーヘッドの合わせ面か、オイルシールか特定できない。 とりあえずばらしてみる。 圧縮上死点にしてボルトを外していく。
一箇所舐めかけた。危ない!ショックドライバーで何とかなった。持ってて良かったショックドライバー。
デイトナ(DAYTONA) バイク用ショックドライバーセット 74626
ボルトを外したらプラハンでこつこつやりながら張りついたガスケットを剥がしつつ分解する。 すんなり外れた。 このときにロッカーアームシャフトも抜けてしまわないように押さえながら作業すると良いでしょう。

CB250オイル漏れ修理

ガスケットはNPガスケットをコピーし事前に作成したが穴が合わない。
修正が必要となった。 純正?もともと付いていたガスケットは今後のために保管する。
CB250オイル漏れ修理

Oリングも新しい物にする。古い方はサイズは良さそうだったがカチカチになっていた。 CB250オイル漏れ修理
オイルシールは以前に換えたしそこからのオイル漏れはなさそうだったから今回はパス。 あとは逆の手順で組んでいく。 次はポイントレスを入れてタペット調整をしましょう。 では。 



  にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ





CBを車の後にしまってからメンテナンスをサボりすぎ。と言うか何もしていない。
左のポイントケースからオイルがにじんでいる。
どうやらエンジンとの合わせ面のガスケットが痛んでいるようだ。
漏らしたままでは良くないので、重い腰をあげ修理することにする。
けれどスピードが遅いからいつ手を付けるか?いつ終わるのか?
とりあえずガスケットを注文。
廃盤・・・・。

だよね。

仕方ない。ストックを念のためコピーして、で、ストックを型紙代わりにしてガスケットシートに転写。
切り出します。うん、どうやって切るかな。せっかくだからきれいにしたいのでデザインナイフを買ってこよう。
これで週末までお預け。
こうやって時間がどんどん過ぎていくんだね。
エンジンガスケット製作


今後の予定としては
・ポイントレスをきっちりセッティング
・キャブレター同調。先日Mモトさんが言っていたシンクロメーターを使ってきっちりと。でもお小遣いが・・・。
・スイングアームの塗装。

いろいろだね。



  にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ

↑このページのトップヘ